外貨預金とFXを比較

外貨預金とFXの違いとは?

最近人気が集まってきている外貨預金とFX。どちらも外貨を扱う投資で金融機関で取り扱えることから、同じようなものとして捉えられることも多いのですが、外貨預金とFXの違いをよく知らずに始めてしまうと大きな損してしまう可能性があります。

当サイトではFXと外貨預金のそれぞれのメリット・デメリットなどを上げていき、FXと外貨預金の違いについて紹介していきます。

まずはFXと外貨預金の違う点をリストにして比較してみました。

外貨預金 FX
取扱金融機関 銀行、信用金庫 FX専業会社、証券会社
預入金額 10万円程度から始められる 1万円から100万円以上まで自由に選べる
預金保護制度 なし 信託保全のあるFX会社はある
取引金額 投資金額そのもの 投資額の10倍程度の取り引きができる
手数料 外資の種類によって異なるが、1米ドルにつき2円(往復)程度。(例えば100万円投資した場合は、手数料は2万円。) 1米ドル0.1円(往復)程度。(100万円投資した場合は、手数料1000円。)
換金 期間が決められている 24時間いつでも可能
取引可能時間 銀行・信用金庫の営業時間 土日以外24時間
メリット ・普段利用している銀行で手続きが出来る。
・日本で預金するより金利が高い。
・インフレリスクを回避できる。
・為替差益が受け取れる可能性あり。
・手数料が安い。
・いつでも決済可能。
・少ない元手で始められる。
・24時間取り引き可能。
・レバレッジが使える。
・円高でも儲けられる
デメリット ・手数料が高い。
・途中で解約できない。
・元本割れするケースがある。
・儲けが大きいが損失も大きい。
・FX業者が倒産したら預けた資金が戻らないことがある。(FX業者の見極めが大事)

上の表を見比べると全体的に外貨預金よりもFXの方が有利だということがわかります。具体的にFXが有利といえる点をいくつかあげていきます。

手数料はFXの方が断然安い

一番大きな違いは手数料の違いといえます。例えば外貨預金にて1ドルを円に交換しようとした場合、約2円の交換手数料が必要です。しかしFXの場合は手数料は0円で、スプレッドが0.1円ほどです。

2円と0.1円ではあまり差が感じられないかもしれませんが、これが100万円の投資であれば大きな差となってきます。100万円の投資の場合、FXが手数料1000円であるのに対し、外貨預金は手数料が2万円もかかってしまいます。

外貨預金は銀行で取り扱っていることから、信用できるような感じがしますが、実際は手数料がかなり取られてしまうのです。金利がプラスになったとしても、莫大な手数料のせいで結局利益がなくなってしまうなんてこともあります。ですから外貨預金は手数料を見ると外貨預金は圧倒的に不利といえます。

FXはレバレッジが使える

FXは外貨預金とは違いレバレッジが使えるという大きな魅力があります。レバレッジとはてこのことで、少ない資金で大きなお金を動かせるのです。

例えばFXで10万円の資金があり、レバレッジを10倍にすれば100万円までの取り引きができます。しかし外貨預金は100万円の取り引きをするには100万円の資金が必要です。

FXは自分のタイミングで決済ができる

FXは24時間取り引きができて、自分の好きなときに決済ができます。外貨預金は期間が設定されているので、その期間が終わるまでお金を引き出せません。
無理に引き出そうとするとさらに手数料が取られてしまったりします。

決済が好きなときに行えるということは、前ページでも述べたように万が一外貨の価値が下がっても、早めに決済をしてしまえば損害を最小限におさえることができるのです。

外貨預金は預金保険制度がない

預金保険制度とは万が一金融機関が倒産などにより機能しなくなったとき、預けた資金を補償することです。 最近のFX会社は信託保全を完備している会社があるので、もし倒産した場合でも資金が返ってきますが、外貨預金はこれがありません。もし利用している金融機関が倒産してしまったら資金を全部失ってしまうことになるのです。
もちろん金融機関の倒産はよくあることではないので、そこまで神経質になるjことはないですが、頭に入れておく必要があります。又、FX会社の場合も信託保全を完備しているか確認してから口座を開設することが大切です。

どちらもそれぞれメリット・デメリットがあるFXと外貨預金ですが、結論を言うと、外貨預金はリスクが低い分デメリットが多く手数料が高めに設定されているので、トータルコストは外貨預金よりもFXの方が有利で、より効果的に資産を活用することができると言えます。

おすすめFXランキングはこちら